汚れた珪藻土コースターを元通りに

雑記

 

昨今人気を博しております珪藻土グッズ。

今やバスマットに留まらず、100円ショップでコースターサイズの販売しており、丸型や四角型だけでなく、六角形などいろいろな形や厚さの珪藻土コースターがあります。一度このグッズの良さを知るともう手放せないものです。

今回はそんな珪藻土コースターが汚れてしまった時の対応を紹介いたします。

 


珪藻土コースターの汚れを落とす方法


珪藻土コースターはグラスについた結露やちょっとした飲みこぼしをした際に、その水分をあっという間に吸い取り、何事もなかったようにしてくれます。結露の多い夏場や暖房の効いた部屋で冷たい飲み物を飲む際には本当に重宝いたします。

私はよくアイスコーヒーを飲むのですが、そういった色のついた飲料を飲んだ際は、その色のついた水分も珪藻土の吸水力はあっという間に吸い取ってしまうのです。

結果、トップの写真のように、珪藻土に色のついた飲料が汚れとなってしまうのです。

100円ショップで買ったものだし、早々に買い換えればいいじゃないか?という意見もあるかもしれませんが、ちょっと汚れた度にいちいち買い換えていたらキリがありませんよね?

 

では、珪藻土コースターを元に戻す方法を紹介いたしましょう!

まず使うのはこれ!

これは私が趣味のプラモデルで利用している紙やすりの400番です。

メーカーなどは特に気にしなくて大丈夫です。おおよそこれくらいの目の粗さがあれば大丈夫です。

適量をハサミで切り取り、平らな板に簡単に巻き付け汚れた表面をやすり掛けいたします。(平らな板っぽいものが無ければ折りたたんで擦る分でも問題ありません。)

漂白剤など使う手もありますが、いかんせん臭いがするのと使用時に手が荒れる恐れがありますので、私は紙やすりをお勧めいたします。

※カビさせてしまった場合は漂白をするよりも買い換えた方が良いかと思います。

 

紙やすりで擦りますので、細かい粉が出ます。箱の中や要らないチラシの上など、散らばっても大丈夫な場所で擦りましょう。

やすり掛けが終わりましたら、流水でサッと流し天日干しをしましょう。天日干しが珪藻土の状態復帰には一番良いようです。

 

やすり掛けをし、2~30分ほど置いた珪藻土がこちらです。

頑張りすぎてしまったため、光を反射しすぎてしまいました(笑)

なお、吸水力が落ちた場合もこちらの紙やすりでの対応で元通りになりますので、皆さんも試してみてはいかがでしょうか。


まとめ


基本的に手間があまり掛からない珪藻土グッズですが、たまに手入れをすることにより長い期間利用をすることができます。

汚れ・給水力の低下は紙やすりで行い、たまの手入れとして天日干しを行いましょう。

100円ショップの商品の中でもダントツで長持ちするグッズになりますので、ちょっとした手間を惜しまず使ってあげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました