アルト陸戦仕様 【30MM】レビュー

アルト 陸戦仕様機 30MINUTES MISSIONS

アルト 陸戦仕様機

今回紹介するのは、30MMシリーズの地球連合軍2つ目の局地戦仕様機になります。

新規造形の脚部によるマッシブなデザインが目を引くだけでなく、キャタピラやバズーカなどが同じく新規実装されたパーツを装備し、タンク要素が強く表現されたアルトが完成します。

本機体を購入することで、より一層の自分らしい30MMを発展・完成させることができるアイテムとなっておりますので、購入を検討されている方はこちらの記事を参考にしてください。

 

スポンサーリンク

陸戦仕様とは

 

本機体は、通常のアルトのパーツを一部換装を行いつつ、新規の装備を装着することで陸戦仕様となります。

今回の【陸戦仕様】という名称の局地戦仕様機ですが、ブラウンという色合い的には砂漠っぽい印象を受けます。

ですので、カラーだけで言えば公式より開催されている【MISSION】の第1回の砂漠戦に間に合っていれば・・・と思ってしまいつつ、キャタピラ部分で言えば、第2回の市街地戦でも・・・と思えてしまう罪深いキットです。

 

個人的には、活躍できる場面を2つ逃してしまっている感は否めません。

 

ですが、30MMシリーズのコンセプトは無限のカスタマイズによる自分だけの量産機の作成ですから、今後のMISSIONの活躍もユーザー次第でどうにでも変わることのできる仕様機です。

 

 

アルト(ブラウン)

こちらは通常の通りに組み立てたアルトです。

ブラウンはポルタノヴァのみだったので、地球連合軍側では初のカラーリングです。アイレンズはボディに合わせた黄色ですので、違和感はありません。

 

今までの局地戦仕様機と同様に、バックパックと通常の武装はありません。
注意しましょう。

 

追加武装の紹介

こちらはほぼ全て新規造形パーツになります。

次より1点1点紹介していきます。

 

バックパック

初のキャタピラです!
キャタピラがなぜバックパックに!?と言うのは無しです。

3mmジョイントや接続パーツの受けもあるので、カスタマイズし放題ですね。

 

シールド

 

今までのオプションパーツとは違った、割りかし落ち着いた見た目のシールドです。

 

今までシールドは両軍とも結構尖ったデザインをしていましたが、今回は無難な見た目のパーツのため、取り扱いやすく、どこにつけても違和感は少なそうですね。

 

脚部

こちらは情報解禁を見て、欲しくなった方はだいぶいたのではないでしょうか。
この脚に換装するだけで、かなり印象が変わります。

 

一言でいえばマッシブ

 

この装甲を盛った感じは夢がありますね。

1点、残念なことを挙げるとするなら、ポルタノヴァに換装するとほんのわずかに太ももと干渉します。

 


塗装をされる方は、もしかしたらしっかりコーティングしないと色が剥げる原因になる可能性がありますので、

ご注意を!

 

火器

 

こちらは4パーツ構成の大砲です。全パーツを利用した大砲。2つに分け、手持ちの銃とバックパック等に接続したサブウェポン。
というのが大まかなスタイルでしょうか。

ただ、以前より発売しているポルタノヴァ用のオプションウェポンとの互換があり、銃身部分の換装が可能です。

地球連合軍の機体では・・・?と思いますが、気にしてはいけません。

カッコよければいいのです。

ほら、カッコいいでしょ。


陸戦ユニット以外装着

バックパック以外の装着です。

脚部が大型化し、腰に新規のパーツが装着されます。顔パーツも換装されていますが、やはり下半身に注目してしまいがちですね。

 

逆にその分、上半身がちょーっとだけ貧相な印象を受けます。

ちょっとしたポージングを取らせてみると、違和感がやや薄れたりはしますかね。

 

 

 

陸戦ユニット装着

 

先の換装したアルトへ、さらにシールドとバックパックを装備させました。
背面の大型キャタピラと腕部のシールドにより、物足りなさのあった上半身の印象もある程度払しょくされます。

 

なんかちょっとフルアーマー感があります。局地戦仕様機のはずなんですが、なんとなくアルトの最終フェイズって言っても違和感が仕事をしなそうだと個人的には思っております。

 

 

また、このキャタピラはシールドに使用しているジョイントを足裏に使用することで、ローラースケーターのように装着することも可能です。

 

 

さらにさらに、膝関節のパーツからもキャタピラへ直接装着することもできますので、ガンタンクのような表現をすることもできます。

 

膝から直接のアプローチになりますので、股を広げるとキャタピラも
外側に向いてしまいます。

 

陸戦ユニット単体レビュー

 

ここからは追加された陸戦ユニット単体の紹介です。


追加されたパーツによりユニット単体でも様々な組み立てができます。

 

 

ポルタノヴァに装着

陸戦ポルタノヴァに早変わり!

正面、背面共に違和感はありません。さすがです。

先にも挙げましたが、太ももの干渉があるため、直立が難しいです。

 

先の火器にて、ポルタノヴァ用の武器との互換性を紹介しましたが、逆もしかりです。

陸戦用の銃口がポルタノヴァの銃器にも装着ができるのです。

 

パッと見、かなりかっこいいです。

※ポルタノヴァのレビューを確認したい方は下記をご確認ください。

おすすめパーツと他アイテムとの併用

 

現在まで発売されている他のオプションパーツとの組み合わせを、一部紹介します。

そのために、必要なのがこのとっておきのパーツ。それがこのパーツです。(手前)

 

同時期にオプションパーツセットが2種発売されましたが、この陸戦仕様機にしかないパーツがあります。

両方に受けを持ちつつ、この長さを持つパーツはこの陸戦仕様機にしか入っておりません!重宝します!!

 

現在発売予定の機体やパーツセットなどを見る限り、同封はしているように見えません。

長さ的にはオプションバックパック1に同封しているパーツとほぼほぼ同じ長さです。

 

余談ですが、ボクも3rd MISSON用に作成している機体でこのパーツを利用しています。

ブースターとの接続で上下の開閉をし、追加ブースターを出現させる仕様です。

この陸戦仕様を買ったおかげで実現した装備ですね。

 

まとめ

 

今回の陸戦仕様機の値段は、今まで発売されてきた局地戦仕様機(空戦・宇宙戦)と同様の税込み1,980円です。
ただ、たいていのヨドバシカメラなどの量販店では20%OFFが多いので、値段はもっとお得になるかと思います。

 

金額的な分析ですが、アルト単体が1,408円になりますが、それに陸戦ユニットをバックパックと踏まえ、オプションバックパックが660円と考えます・・・。
なんと、それだけで2,000円を突破しています。

 

これに新規造形のパーツを考えると・・・地戦仕様はかなりお得なお値段です。

 

これ1つだけで組み立てるのもおすすめですが、陸戦のパーツを流用したオリジナルの機体を組み立てるにおいても素晴らしいアイテムです!

 

他の局地戦仕様機も確認したい!と思われた方は下記を参考にしてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました