追加パーツ マルチブースターユニット 【30MM】レビュー

30MM マルチブースター 模型

今回紹介するのは、バックパックに付けても良し!脚部パーツと差し替えても良しのマルチブースターユニットになります。

ガンプラへの装着もしてみましたので、ぜひ見ていってください。

 

スポンサーリンク

内容物

 

成型色は黒一色のみで、ランナー数は2枚です。

 

また、アルト・ポルタノヴァとは違い、カラーリングにバリエーションはありません。ちょっと残念ですね。

 

どうしても他色が欲しい場合ですと、やや値段が増しますが【アルト空中仕様機】のキット内に、ネイビーが付属しております。

過去にキットのレビューを作成しておりますので、確認される場合は、下記リンクより確認してください。

30MM アルト 空中戦仕様 レビュー

 

単体写真

 

まずはマルチブースター単体です。膝、ブースター、バインダーの3点が2セットになります。

 

30MMらしく、3mmジョイントももちろんありますし、可動もなかなかのものです。

 

 

そのため、これ単体だけでもさまざまな表現をすることができます。

 

マルチブースター装着

 

ではでは、両陣営のアルトとポルタノヴァに装着をします。

まずはパッケージのように装着です。アルト・ポルタノヴァともに違和感なく装着できます。

 

見た目もどちらも様になっていますね。背面に装着をすると、膝の交換パーツの使い道が無いため、そちらは余りになります。

また、アルトのように足に装着すると、ジョイントパーツが余るような形になります。

 

ポルタノヴァ側は、バックパックに3mmジョイントが上下に2箇所ずつの4箇所にありますので、背面の表現においてはバイロン軍側が優勢でしょうか。

 

ただ、腕に装着することもできますので、アイデア1つでその表現の仕方がガラッと様変わりしますので、いろいろな箇所に使ってみるとマルチブースターユニットだけでもかなり楽しめます。

 

ガンプラとの調和

 

30MMシリーズの販売元は、ガンプラで有名なバンダイです。そのため、この30MMシリーズとガンプラとの親和性もかなりの高さです。さすがはバンダイ!と叫んでしまいたくなってしまいます。

なにより3mmジョイントさえあれば、無改造で装着できる点がとても素晴らしいです。

 

また、最近ガンプラ側でも販売している【ビルダーパーツ】もおすすめです。こちらは30MMシリーズにかなり流用ができますが、本記事とは内容が反れてしまいますので、こちらについてはまた別の記事にて紹介していきたいと思います。

 

まずは、ガンプラとの調和を表現したいと思いますので、マルチユニットブースターをアースリィガンダムにそのまま装着してみます。

 

個人的な見解になってはしまいますが、違和感はほぼ0ですね。むしろこんなプラネッツシステムがあったんじゃないか?とすら勘違いしてしまいます。

 

しかし、問題点が1つ。

 

30MMシリーズに慣れてしまっているので、マヒしかけてたのを自覚しました。

ジョイントが圧倒的に少ないのです。

背面、脚部を見てもない・・・、写真の通り、腕にしかなかったのです。これは予想外でした。でもまあ、装着写真のように違和感がないと思っております。

 

ただ、これだけでは面白くありませんので、ヴィートルーユニットを使ってマルチブースターを無理やり装着しました。

 

それがこちらになります。

 

【アースリィガンダム:ヴィートルーブースター】という名称とかいいかもしれません。

背面も何も問題ありません。やや重量感が増して、心なしか豪勢になった気がします。

 

 

 

このように、ガンプラとの調和も抜群です。

まとめ

 

今回はちょっと古めのオプションパーツになりますが、30MMのみならずガンプラへの流用もなかなかいい感じかなと思っております。

こちらの記事を読んで、購入への参考だけでなく、改造などへの候補に挙がれば幸いです。

 

下記にリンクも貼っておきますので、すぐに購入したい方はどうぞご利用ください。





コメント

タイトルとURLをコピーしました