30MM ポルタノヴァ レビュー

30MINUTES MISSIONS
管理人:てつ
TETSU

こんにちは、今回は30MMシリーズのポルタノヴァについてのレビューになります。

このブログでは頻繁に出てくる【30MINUTES MISSIONS】。こちらは2019年より発売が開始された量産機にコンセプトを置いたオリジナルのプラモデルになります。

 

サイズはガンダムのプラモデル、通称ガンプラの1/144相当となっています。ですので場所を取らないため、たくさんつくって飾っておくことができるのです!場所も取らず、嫁からは文句は言われません笑

 

30MINUTES 30MISSIONS  (30MMシリーズ)とは

 

30MMシリーズは、地球連合軍と地球に侵攻してきたバイロン軍のそれぞれのエグザマクスと呼ばれる量産機にコンセプトを置いたシリーズとなっています。

 

量産機と呼ばれるだけありまして、その構造は比較的簡単になっており、非常に組み立てやすくなっています。タイトルの通り30分で組み立て終わるほどの手軽さです。

 

また、カラバリエーションも豊富で機体の至る箇所に3mmのハードポイントが配置されており、30MMシリーズのみならず、ガンプラのパーツを流用して様々なカスタマイズを楽しむことができます。

 

バイロン軍:ポルタノヴァ

地球へ侵攻してきたバイロン軍のポルタノヴァの設定については下記をご覧ください。

 

・bEXM-15 ポルタノヴァ (バイロン軍)

モデル:第3世代型
全高:16m
重量:35.2t

バイロン軍に所属しているエグザマクス。
耐弾性、出力に優れたスタンダード機。
曲面を多用した装甲で、実弾、ビーム兵器のどちらにも対応する耐弾性能を追求。
ビーム兵器の使用を想定した高出力機体。
本国には、“黒の近衛師団”をはじめとする主力部隊が存在するといわれている。

出展:30MINUTES MISSIONS

ランナー紹介

 

ポルタノヴァを構成するランナーの数は全部で、装甲・関節・武装・ポリパーツの4種になります。非常に少ないです。このランナーの少なさも組み立てやすさの現れですね。

 

とりあえず素組完成

 

おおよそ30分ほどの時を経て、完成いたしましたポルタノヴァです。

 

今回はカメラに写しやすいようにホワイトカラーにしてみました。現在までポルタノヴァだけでも9色も出ています(どれだけカラーバリエーションが豊かな侵略者なんだ)ので、色とりどりのポルタノヴァを用意し、このように腕や足を組み替えるだけでも十分なカスタマイズをすることができます。

 

 

なお、量産機というだけありまして、格闘専用機・指揮官機はオプションパーツを購入すれば、この素体を利用して換装可能です。いくつかのオプションアーマーや局地戦仕様機などもありますので、下記リンクより確認してみてください。

◆ポルタノヴァ バリエーション

 

可動について

 

プラモデルを作成していると、やはり気になるのがこの可動域ですよね。可動の良し悪しで完成後のプラモデルの表現などもだいぶ変わってきますし、飾るだけでなく遊ぶのにもガッシガッシ動く方が楽しみがだいぶ変わりますよね。

その点、このポルタノヴァ。満足のいく可動を提供して貰えるんです!

 

このようなライダーキックだけでなく、下のような踵落としの前描写。

 

パンチングモーションやあぐらをかいてフォースを感じることもできます。つまり・・・、ポージングは申し分ありません!

 

※こちらは費用1000円も満たない手作り撮影ブースで撮影しております。

 

まとめ

ガンプラでガンダムばかり買っていて、量産機はあまり買ってこなかったボクですが、この30MMシリーズにはどハマリしてしまいました。

その魅力というのはただ量産機をつくるということではなく、その量産機を自分好みにカスタマイズできることと、その可動などのプラモデルの完成度の高さかなと思います。

 

これからも新しい量産機やオプションパーツも発売されるので、熱はまだまだ冷めず走り続けそうですね。

 

別記事ではポルタノヴァの近接格闘アーマーの記事も紹介しておりますので、合わせて見ていってください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました