SHフィギュアーツ 仮面ライダーゼロワン ライジングホッパーレビュー!【S.H.Figuarts】

NEWS

令和1号ライダー、その名はゼロワン。

平成を終え、新しい時代となり仮面ライダーもまた新たなるステージに進んだとも言えます。

新時代を切り開くライダーS.H.Figuartsをレビューしていきます。

  • 商品名 : S.H.Figuarts 仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー
  • 価 格 : 3,300円(税込み)
  • 発売日 : 2020年2月8日
  • 媒 体 : 一般店頭販売


スポンサーリンク

パッケージ

こちらはライジングホッパーは一般店頭販売のためか、従来の中身が見えない仕様のパッケージではなく、丸見えです。

   

 

ブリスターの状態ですと、このような感じです。

ほとんどパッケージから丸見えでしたので、差はないですね笑

 

本体レビュー

まずブリスターから取り出し、全身を見ていきます。

正面から1周。

 

正直、再現度がかなり高いです。このまま動き出すんじゃないかと思います。

ハニカム構造のスーツ生地や彩色などの細かさをしっかりと感じることができます。

 

続いてバストアップ。

アンテナや細く、それなりに尖っているので、扱う際は注意が必要です。落としたり雑に扱うとけっこう簡単に折れそうな強度です。要注意。

さらに接写すると、複眼の構造もはっきりと確認することができます。

股関節は脚を引き出し稼働範囲を広くする形です。
股関節と脚のパーツが元々干渉しやすいので、これをしないと動かす時には擦れてしまいます。
ここはややマイナス点と判断します。

 

ドライバーもアップで!!

 

プログライズキーを抜き差しで、レンズ越しにバッタが確認できます。

 

肝心のプラグライズキーの方はプレートのバッタだけはプリントされてますが、それ以外は簡素なものです。

ほとんどがベルトに隠れてしまうので、手間を考えるとしょうがないのかもしれません。

 

付属品

手のパーツが握り拳以外に左右3種ずつ。開き手、武器持ち用、決め台詞直前の指差しです。

残念ながら「俺だ!」とやる親指立ては同梱しておりません。

そのため・・・、決めセリフも

「お前を止められるのはただ一人・・・」

「-----------------------っ!!!!」

となってしまうわけです。締まらないゼロワン・・・。

 

ゼロワン・可動

次に可動範囲を見ていきます。

首の前後から。

上下、問題ない可動範囲です。

続いて、腕周りを・・・人間ではあり得ない角度までガンガン動きます。

脚も前後左右の開脚もほぼほぼ問題ないですね。先述した通り、太もものアーマーが腰まで伸びているので、そこが干渉し、幾分か開きが抑えられてしまっています。

股関節からつま先に掛けては、このように可動します。

 

 

ゼロワン・アクション

それではゼロワンのアクションをしていきましょう!!

ゼロワンといえば、バッタの力を持ったプログライズキーの恩恵であるスピードと俊敏性ですね。

 

 

関節の可動も広く、格闘シーンもカッコよく決まります。

ライダーたるライダーキックもばっちり決まります。

 

そして、カバンストラッシュを装備!

こちらは別売りの仮面ライダーバルカンに付属してきます。

 

徒手空拳で戦うのも良いですが、武器があるとそれだけで見栄えが良くなりますね。金額的な面もあるので文句は言えませんが、贅沢を言うならゼロワンに同梱してほしかったなぁ。

今後、イズも発売が決まっておりますが、そちらにはカバンストラッシュの納刀状態、つまりカバンの状態が同梱される予定です。

 

そして、平成ライダー以降のライダーのトレンドはパワーアップです。このようにシャイニングアサルトホッパーキーを手に取り・・・、ドライバーへ差し込む!!

シャイニングアサルトホッパーを購入していると、こういった遊びの幅も広がります。

 

 

不破さん「てめぇ、何者だ?ヒューマギアか?」

バルカンも購入し、2体使った遊びで2話目っぽい雰囲気を演出!

真骨彫でなくとも完成度が高いので、写真だけ見てもリアルさがかなりあります。

そのため、バトルさせてみると劇中のワンシーンもお手軽につくれたりします。

 

続いて滅との絡み。

劇中にはないようなシーンもこのように・・・。

装動シリーズもお手軽に買えて楽しいですが、やはりこちらS.H.Figuartsの方がリアリティがあってなかなか楽しいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました