SHフィギュアーツ 仮面ライダーゼロワン・シャイニングホッパーレビュー【S.H.Figuarts】

S.H.Figuarts

オーズタマシーコンボ(真骨彫)と同時に限定予約で発売された、ゼロワンの第二形態!シャイングホッパーのレビューになります。

 

  • 商品名 : S.H.Figuarts 仮面ライダーゼロワン シャイニングホッパー
  • 価 格 : 6,600円(税込み)
  • 発送日 : 2020年11年4日
  • 媒 体 : プレミアムバンダイ



スポンサーリンク

パッケージ

 

こちらはなんと、通常の梱包にプラスされて2020年魂Nationsの特別な包装がされております。もちろん2020のロゴ入りです!

光沢のある黒(反射して何か写ってますが、お気になさらずに・・・)にシャイングホッパーの黄色のデザインがなんともメカニカルでカッコイイですね。

こちらを取ると、従来の中身が見えない仕様のパッケージです。開催記念ということもあり、何だか2度美味しいパッケージで、得した気分になります。

 

ではでは、通常の箱をぐるりと一周。

  

記念パッケージと変わり、こちらは今までのゼロワン同様に白を基調とした箱になっています。

 

続いて、ブリスターの状態ですと、このような感じです。

見た通り、武器はありません!!

 

本体レビュー

まずブリスターから取り出し、全身を見ていきます。

正面から1周。

 

 

先に発売されたシャイングアサルトホッパーのアサルトも追加装甲がない分、幾分かスマートになっています。逆にライジングホッパーから比べると、進化の具合を感じることができますね。

バストアップすると、シャイニングホッパーのムキムキ感がよくわかります。初期フォーム時は胸部は装甲という感じでしたが、

また、シャイングアサルトホッパー同様、アンテナやバッタの脚をモチーフにした部分はそれなりに尖っているので、扱う際は注意が必要です。

 

続いて、ドライバーに移動。基本的に今までの使い回しですね。

シャイニングホッパープログライズキーにプリントされた顔が、ベルトに差し込むことで中央レンズに映る仕様に変化はなしです。

 

変更点は、初期フォームの際に空いていた右側のプログライズホルダーに、ライジングホッパープログライズキーが刺さっています。こちらは、シャイニングアサルトホッパーを流用しています。

 

仮面ライダーゼロワンと見比べる際はこちらになります。

SHフィギュアーツ 仮面ライダーゼロワン ライジングホッパーレビュー!【S.H.Figuarts】

付属品

手のパーツが握り拳以外に左右3種ずつ。開き手、武器持ち用、決め台詞直前の指差しです。
そしてとうとう、「俺だ!」とやる親指立てが同梱しています。長かった・・・。

 

なお、指先にまでアーマーが付いているので、ライジングホッパーの仕様だと再現不可ですので、大人しくシャイングアサルトホッパーに使ってあげましょう。

シャイニングアサルトホッパーの記事を確認される方はこちらになります。
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーゼロワン・シャイニングアサルトホッパー レビュー【S.H.Figuarts】

ストーリーではこのフォームからオーソライズバスターが出ましたが、残念ながら付属なしです。

オーソライズバスターをお求めの方は、砲撃形態は仮面ライダーバルカン・アサルトウルフ、アックス形態は仮面ライダーゼロワンシャイングアサルトホッパーを購入してください。


 



シャイング可動

次に可動範囲を見ていきます。ポージングを取るのにこの可動域や可動箇所は大事になってきます。
首の可動、前後から。

 

 

腕の可動もばっちりですね。

腕を後ろに回して、反対側に持っていく際に背中の突起物が引っ掛かる程度です。

 

次に腰の可動として、左右と回転を見ます。

 

次に前後。

 

 

脚部。まずは前後と左右。

前後とひざからつま先の関節可動に関しては問題なし。左右の開脚は、初期フォーム等同様に太もものパーツが干渉して180度開くことはできないです。

 

アクション

実際にシャイニングホッパーを動かしていきます。

 

 

一部台座を利用はしていますが、かなり満足度の高いパフォーマンスを発揮してくれます。先に発売されたシャイニングアサルトホッパーは装甲がガッツリしていて、かなり強そうな印象で良いですが、やはりゼロワンと言えば俊敏さの方が劇中も際立っていたと感じますので、こっちの方がスマートで「らしさ」が出ていると思っています。

 

せっかくなので武器を装備!

 

 

まとめ

以上になります。

ディティールも高く、可動も素晴らしくと文句のない出来だったと思います。また、待望の親指立ても付属しており嬉しい限りでした。

年明けにはメタルクラスターホッパーやリアライジングホッパーも発売されるので、令和元年はまだまだ終わらなそうな雰囲気ですね。魂NATIONS2020ではゼロツーの情報はなかったので、最終フォームが発売されるのはまだまだ先かもしれませんが、今いるゼロワン達と楽しみに待ちつつ、駆け抜けて行ってほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました