SHフィギュアーツ 仮面ライダー滅 レビュー!【S.H.Figuarts】

S.H.Figuarts

「人類よ、これは聖戦だ。」

【人類を滅亡させる】という理念を掲げ、衛星アークの意志に沿った行動を起こす滅亡迅雷net’の実質的なリーダー、ヒューマギア滅が変身する仮面ライダー滅のレビューになります。

  • 商品名 : S.H.Figuarts 仮面ライダー滅 スティングスコーピオン
  • 価 格 : 6,050円(税込み)
  • 発送日 : 2020年6年24日
  • 媒 体 : プレミアムバンダイ
スポンサーリンク

パッケージ

まずは箱の状態で一周。

  

もうね、たまらないです。滅亡迅雷.netの名称がバッチリ入っているんです。しかも筆書体。さらにさらにサイドの背面にはロゴ入り。こういった拘りはグッときます!

 

続いて、ブリスターの状態です。

ヒューマギアはブリスター入りでお手元に届くようです笑


本体レビュー

ブリスターから取り出し、全身を見ていきます。
正面から1周。

 

 

装甲の装着位置こそ対象ではあるものの、ちょっとした形状や色などに差異があり、微妙なアシンメトリーが装備が整え切れないテロリスト感が出ている気がします。

 

続いてバストアップ。


アイレンズの形といい、マスクの出来はかなりリアル。襟元から胸部のアーマーも、材質が違うチグハグさをちゃんと表現しています。

腰の方に移動して、フォースライザーを確認。

 
ベルトのギミックこそないものの、展開済みのプログライズキーは着脱が可能ですので、先に発売しているゼロワンやバルカンのプログライズキーを差し込むことができます。

付属品

手のパーツが平手以外に左右3種ずつの計4種で8個となります。

ブリスター状態のときに気づいていたとは思いますが、アタッシュアローが付属します。
エイムズで開発されていたのに、いつの間にか滅だけの専用ウェポンと化した不思議な武器です。

こちらは差し替えパーツが付属し、通常状態と弦を引いた状態を再現できます。

 

滅・可動

次に可動範囲を見ていきます。

首の前後。

 
顔の動きが、角度が、全然ない・・・?という印象です。

左右の動きはやや広がりますが、少々窮屈な感じ。

 

肩・腕の可動。


こちらは問題なくグリングリン動きます。肩のアーマーも特に干渉することはありません。

 

腰の可動。

 
左右の動き・回転も良好です。これぞ、アークの意志です。

 

脚の可動。

股開きの前後、左右。

アクションをさせるのに、大変満足のいく可動域です。

 

滅・アクション

続いては滅を動かしていきます。

 

本編ではサソリらしく、突き刺すようなライダーキックをしますが、このように通常のライダーキックをすることも可能です。

 

 

続いて、アタッシュアローを装備!

 

プログライズキーを差し込む穴はありますが、閉じた状態のキーがないため、差し込むことはできません。

また、差し替えパーツを利用することで、弓を引く動作の再現も可能です。

 

ガチャ・・・、ヒュイーーーン・・・

 

ギギギギ・・・・!!

 

そして、ゼロワンシリーズといえば飛電・滅亡迅雷・ZAIAの三つ巴の戦いも終盤まで盛り上がっていましたね。

途中退場をしたものの、滅もラーニングしてパワーアップし、美味しい場面で現れてその存在を印象深く残していたと思います。

 

 

上記の2種のライダーに興味がある方は以下記事もどうぞ。

さらに!!
仮面ライダー迅が登場!
 

滅の隣にどちらの迅を並べるか、詳しく見たい方は以下を確認してください。

まとめ

以上、が滅のレビューとなります。

登場時から強敵として現れ、ヒューマギアの特性であるラーニング(学習能力)で時にはライダーとしての強化なしでパワーアップを果たしましたが、残念ながら強化フォームは終盤2話という形でした。

放映中はただでさえカッコいいデザインの滅も、プログライズキーで強化されたり、新しいベルトを装着して更新されていたらもっとカッコよくなるのになぁ思うことがたびたびありましたが、スティングスコーピオンだからこそ滅だったのかな~と今では思っています。


ゼロツーもまだ出るわけでもありませんが、はやくアークスコーピオンが発売されることを楽しみにしています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました