仮面ライダー迅 バーニングファルコン SHフィギュアーツ レビュー!【S.H.Figuarts】

レビュー

「ヒューマギアを解放し自由を与える・・・。それが僕、仮面ライダー迅だ。」

一度はゼロワンに破れ大破した迅ですが、25話で復活を果たし、ザイアスラッシュライザーにより強化された姿、それこそが仮面ライダー迅 バーニングファルコンになります。

 

フライングファルコンの意匠を残しつつ、強化された新しい姿をレビューしていきます。

  • 商品名 : S.H.Figuarts 迅 バーニングファルコン
  • 価 格 : 7,480円(税込み)
  • 発送日 : 2021年01年18日
  • 媒 体 : プレミアムバンダイ
スポンサーリンク

パッケージ

まずは箱の状態で一周。

 

 
ゼロワンシリーズ馴染みの、全体的に白が多めのパッケージです。

続いて、ブリスターの状態です。

羽はフライングファルコンの時と同様に、一番奥に配置されています。

 

本体レビュー

ブリスターから取り出し、全身を見ていきます。
正面から1周。

 

赤と黒が中心のカラーリングです。赤い装甲は光沢のある塗装で、黒い部分はマットになっています。
こうして見ると、かなり悪役感が増した配色です。

 

続いてバストアップ。


フライングファルコンのときの鳥を模した特徴的な頭部のデザインが無くなり、左右対称になりました。

寄せると気にはなりませんが、距離を空けるとマットな黒のため、造形がやや分かりづらいです。

 

今度は腰の方に移動して、ザイアスラッシュライザーを確認。


こちらの造形は、ほぼほぼエイムズショットライザーと同じですね。並べてみると下のような感じです。

設定上の開発元が同じなため、当たり前といえば当たり前かもしれませんが、並べると本当にわかりやすい笑

 

ライザー取り外し後の、基部は当然のごとくバルカン・バルキリーと同じ金型ですね。

こちらは従来同様、プログライズキーは着脱が可能で、先に発売している他のプログライズキーを差し込むことができます。


付属品

手のパーツが平手以外に左右2種ずつの計3種で6個となります。
フライングファルコンとくらべるとかなり少ないです。その分でしょうか、ベルト装着時より長い刀身のザイアスラッシュライザーと迅のアイデンティティーたる翼(バーニングスクランブラー)が付属します。

バーニングスクランブラーは展開前後を付け替えるタイプですので、フライングファルコンと同じく可動はしません。

 

翼の形は色が違うだけでほぼ差はないようですね。フライングファルコンとの細かい際については、ここでは省きますので、詳細について確認される場合は、以下を参照してください。

 

迅・可動

次に可動範囲を見ていきます。

首の前後。

  

 

肩・腕の可動。
こちらは問題なく動きますが、翼展開時は可動がやや制限されます。

 

腰の可動。
左右の動き・回転も良好です。

  

 

脚の可動。股開きの前後、左右。


股関節からつま先までの、関節可動も問題なしです。

このあたりの可動はバルカンと共通かと。

 

迅・アクション

続いては迅を動かしてアクションしていきます。

 

通常状態から、バーニングスクランブラー展開!!

からの~、ライダーキック!

やはり、迅といえば翼ありきでのアクションが必須ですよね。

 

ただ、今回は正直、手のバリエーションが無さすぎるため、表現力乏しい感じは否めません。

 

 

物足りなさをザイアスラッシュライザーでカバー!

 

出来てるかはわかりませんが、武器あるだけでもかなり変わってくるかもしれません。

 

ゼロワンシリーズもかなりライダーが充実してきたので、こういったバトルの描写を楽しむこともできます。

 

滅と迅によるWライダーキックの溜めの描写!

まとめ

以上が仮面ライダー迅 バーニングファルコンのレビューとなります。

滅亡迅雷’netの雷や亡よりも先に迅の強化フォームが出てしまいましたね。それだけ迅の人気が高いことに他ならないとも言えますね。

こうなると雷と亡の発売が待ち遠しくなってしまいますので、今は滅の隣に強化前後の迅を代わる代わる配置しようかなと個人的には考えています。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました