SHフィギュアーツ 仮面ライダーサウザー レビュー【S.H.Figuarts】

レビュー

私の出来栄えは1000%です。


ゼロワン屈指の悪役、仮面ライダーサウザーの登場です。

プログライズキーとゼツメライズキーの2本刺しのザイアサウザンドライバーに金色のボディ。敵ながらもそのフォルムに見惚れたものです。

 

では、サウザーのレビューをしていきます。

  • 商品名 : S.H.Figuarts 仮面ライダーサウザー
  • 価 格 : 6,600円(税込み)
  • 発送日 : 2020年10年19日
  • 媒 体 : プレミアムバンダイ



スポンサーリンク

パッケージ

こちらはライジングホッパーの時とは違い、従来の中身が見えない仕様のパッケージです。

さすがにプレバンから出ているので・・・と思いましたが、ばっちりZAIAの社名がどっかりと印字されています。こういう遊び要素は健在ですね。

 

 

ブリスターの状態ですと、このような感じです。

 

本体レビュー

まずブリスターから取り出し、全身を見ていきます。

正面から1周。

 

 

トゲトゲしいアンテナに、角張った装甲。再現率はもはや1000%ですね。(言いたいだけ)

金色のボディに銀色の装甲の配色に、やや主役感を感じるところですが、暗めの紫のアイレンズに黒い装甲が雰囲気を悪方面に感じさせてくれます。

 

続いてバストアップ。


基本的に直線的なデザインが多く、全体的にシャープに仕上がっております。

続いて胴回り。

ドライバーは展開こそしないものの、中央レンズよりプログライズキーのコーカサスとアルシノの重なった姿が映し出されています。

こちらプログライズキーを抜いてみると、ゼロワンらと同様にプログライズキー自体にマークはプリントされてますが、他はシルエットのみで細かい表現は省略されています。

  

今回、折り畳まれたキーが初めてだったので、武器関連に入るか試してみましたが、残念ながら入れることができませんでした・・・。

せっかくキーを差し込む穴があるのだから使ってみたいですね。

 

また、サウザーの胴ですが、インフラストテクターと呼ばれるパワードスーツのシワまで再現されています。

これはパワードスーツの性質違いからでしょうか、ゼロワンらにはなかったポイントですね。

 

付属品

手のパーツが握り拳以外に開手1セット、武器持ち用1セット、両腕を広げる用に開き手1セット、それに指を少し曲げている左手が1つです。


そこにレイドライザー強制装着用の右手です。

そして、サウザーといえばこの武器。サウザンドジャッカーです。

切っ先を対象のドライバーに突き刺し、柄のジャックリングを引くことで対象の能力を抽出するジャックライズを行使するわけですが、終盤までこの機能は猛威を奮っていました。

ゼロワンもほとんどのキーがサウザーにジャックされ、様々な場面で有用利用されていましたからね。主人公の能力を片っ端から奪い取って使っているライダーも早々いなかったのではないでしょうか。

 

正直、この武器はオーバースペックすぎる能力だったと思います。

 

サウザー単体の能力も十分高かったですが、このサウザンドジャッカーによってその強さは数段上がっていたと言えますね。

 

そしてそして、プレミアムバンダイ上のサウザーの商品ページ内で行われていたTwitterキャンペーンで商会されたレイドライザーももちろん入っています!

専用の右手を装着し、サウザーの手でマギア化をさせることができ・・・。
あれはゼツメライザーだったはずですが、何故かレイドライザーです。

ただ、ヒューマギアが立体化されておりませんので・・・、とりあえず神に装着をさせてみましょう。

自分で言うのも何ですが、良い顔してます。ここまでやられるのにぴったりな顔はそうそうないかと。

 

サウザー・可動

次に1000%な可動範囲を見ていきます。

首の前後。

 
気持ち、顔を上げる角度が低いかな?という印象です。

肩・腕の可動。


こちらは問題なくグリングリン動きます。背中の突起物も干渉することはありません。

腰の可動。左右の動き・回転も1000%良好です。

   

   

脚の可動。股開きの前後、左右。


股関節からつま先までの、関節可動も1000点ですね。

 

サウザー・アクション

続いてはサウザーを動かしてみます。

ボクの好きな腕広げポーズ。なんか超越感があって、サウザーらしさが非常に出ていると思っています。

肩と太ももの装甲から、マッシヴな印象を感じられますので、力強いポーズも似合います。

本編ではあまり使いませんが、ライダーキックもばっちり決まります。

 

続いて、サウザンドジャッカー装備!

 

シャイニングアサルトホッパーを500%と断じた通り、メタルクラスターホッパーが登場するまではゼロワンを散々苦しめていました。
ゼロワンの数々のプログライズキーをジャッキングブレイクをするに留まらず、不破さんのバルカンすらも圧倒していくサウザー。中盤戦のサウザーの無敵感は本当に凄かった。

  

イヤな奴なのに、強すぎて勝てない!

なかなか勝つことのできないサウザーに視聴時は悶々としたものです。

 

そしてラーニングした滅との一戦。キーやドライバーのパワーアップなしにサウザーを追い詰める力は、ヒューマギアやべぇ!と思わせる話でしたが、それに渡り合うサウザー(というよりもほとんど圧倒してたかも)もかなりヤバい・・・。

仮面ライダーで社長といえば、仮面ライダーエグゼイドの檀黎斗(ゲンム)ではありましたが、このサウザー(天津垓)もまた、社長ライダーとして印象深く残ったと思います。

まとめ

以上、レビューとなります。

今回はサウザーが登場したことでS.H.Figuartsのゼロワンシリーズもだいぶキャストが揃ってきましたね。今後はメタルクラスターホッパーと迅・バーニングファルコンの販売も控えていますので、さらに世界観の再現が加速していくので本当に楽しみです。

令和1号たるゼロワンも最後まで怒涛の勢いでしたが、S.H.Figuartsシリーズもボク自身も楽しみながら追っていきたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました