シタデルカラーを使ってみた!ウルトラマリーン・アーマー(青色系)レビュー

ツール

こちらはシタデルカラーのカラーリングであるウルトラマリーン・アーマーを実際に使ってみたレビューになります。使うのは以下の4種類です。

これからシタデルカラーを使ってみたい、または購入を考えている場合は参考にしてください。

スポンサーリンク

シタデルカラーとは?

シタデルカラーの色の名前はレッドやグリーンといった、僕たちが慣れ親しんだ絵具等の名称とは違い、聞きなれない名称の多い商品です。

そして、このシタデルカラーはBase・Shade・Layer等のタイプを組み合わせることでカラーリングを作り出すことができます。

今回のウルトラサブマリンはシタデルカラーが販売しているゲームズワークショップが配信しているアプリ内から確認できるカラーリングになります。
アプリについては、以下の記事を参考にしてください。

実際にウルトラマリーン・アーマーをつくってみよう

今回は以下のプラモを使って塗っていきます。


シタデルカラーは隠蔽力がかなり強い塗料すので、表面処理なしでやっていきます。
シタデルカラーの塗料に種類等についての説明は割愛をさせていただきますので、以下記事で確認ください。

BASE塗り(Macragge Blue)

まずはベースとなる青系のシタデルカラーを塗ります。
念のため、別色のロイロイ(プラモの名称)も並べてみました。

写真の通り、下地の色を気にすることなく塗ることができます。左が最初の茶色のロイロイです。塗装後、右側の灰色と差がないのがお分かりでしょう。

 

SHADE塗り(NULN OIL)

BASEが乾いたら、次はSHADEを塗っていきます。

写真は2/3の状態で撮っています。真ん中から右側がテカテカしているように見えると思いますが、こちらがSHADEを塗った部分です。

 

LAYER塗り1(Caluger Blue)

次はLAYERの青系統を塗ります。色味はBASEよりもかなり薄めになります。

 

こちらはBASEありきの塗料ですね。単体で使っても良いですが、写真の通り、筆ムラが出やすいので何回かに分けて塗ります。

LAYER塗り2(Fenrisian Grey)

最後に青っぽく見えますが、灰色系統のシタデルカラーを使います。
用途としては出っぱりなどに塗ることで立体感を出します。

BASE塗りで止めたもう1このロイロイと並べると違いは一目瞭然です。

まとめ

今回はシタデルカラーアプリから紹介されているウルトラマリーン・アーマーを紹介いたしました。
組み合わせによっては何回も使用するカラーもあれば、使用頻度が少ないカラーもあります。ただ、こちらはあくまで使い方の一例になりますので、必ずしもこの塗り方をする必要ありません。

貴方のプラモ制作の一助になればと思っております。





コメント

タイトルとURLをコピーしました